中学受験の志望校選び 本当に好きな学校を見つけるために

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中学受験において、お子様の学力や、通学時間、学費、男女共学か別学かなど、志望校選びには様々な条件がつきものです。 大学付属校を選ぶか、進学校を選ぶかも重要なポイントになるでしょう。 実際に通うのはお子様自身ですから、ご本人がこの学校の生徒になりたい、と思える学校を見つけるのが理想です。 好きな学校に通いたい、という気持ちは学習意欲に直結しますから、ぜひともご本人の希望を考慮して、志望校選びを考えたいものです。 志望校は、親御さんや知人の勧め、中学受験個別指導塾からの勧め、ご本人が見聞きしてくる場合などが考えられます。 ご兄弟の在学校が候補に挙がることもあるでしょう。 いずれにしても、説明会や学校見学会、行事の公開などがあれば、ご本人と一緒に学校を訪問することが不可欠です。 特に文化祭や学園祭では、生徒が受験生をこの上ないほど歓迎してくれますから、こんな先輩と一緒に学園生活を送りたい、という経験は忘れられないものになります。 学校周辺の環境、通学ルートなども、ぜひご本人と一緒に歩いて確かめましょう。 子どもですから、単純に「好き」という気持ちがなによりも励みになります。 志望校を勧めるときは、様々な面を一緒に見て、お互いがどう感じたかを話し合い、親子ともにその学校を好きになれるよう心がけたいものです。