中学受験をする際には学校選びが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験をするにあたっては、お子様に合う学校を選ぶようにすることが大切です。
レベルが高い学校でも、校則が厳しくて堅い雰囲気の学校だったり、自由な雰囲気で個性を尊重する学校だったり、いろいろなパターンがあります。
学校の雰囲気や校風や教育理念というものは、偏差値や大学の合格実績だけでは図ることは出来ません。
中学受験をするにあたっては、実際に中学校へオープンキャンパスや学校説明会や文化祭などの時期へ行ってみたり、パンフレットやインターネットによる情報集めなどを徹底することが大切になってきます。
実際に学校へ行ってみると通っている生徒さんの雰囲気や様子などもチェック出来ますし、お子様に合いそうかどうかを判断できるので安心です。
また、学校によっては教育が非常に熱心で七時間目まで授業があるような学校があったり、土曜日が休みでは無い学校などもあります。
お子様のライフスタイルや通学にかかる負担などを考えて、学校の偏差値やレベルの高さだけで選ばないということも大事になってきます。
中学受験ではたいていのお子様が電車通学をされることも多いです。
私学であれば公立よりも学費がかかることも考えられますし、受験シーズンには受験料や入学金などでまとまったお金が必要となるので、予算にゆとりを持たせることも大事です。”

2014年4月11日