試し受験のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“大学受験は、普通、何校も受験しますが、今や中学受験も、複数校を受験するのが常識のようです。
第一志望校はもちろん、第二志望、滑り止め・・・そして、その前に「試し受験」というのがあります。

中学受験は、地域によって試験日が異なります。
東京・神奈川は2月1日に難関校が集まり、その後に滑り止めが続きます。
しかし、地方校が東京・神奈川などで入試をする場合、2月より早い1月に試験が行われます。
また千葉・埼玉など、東京近郊の入試も、1月中がメインです。
東京・神奈川ので2月1日が第一志望の受験生は、その前に地方校や千葉・埼玉の中学で「試し受験」ができるのです。

「試し受験」とは、第一志望校で緊張したりあがったりしないために、本番の雰囲気に慣れるために、試しに入試を受けてみることです。
本番の直前では、疲れをひきずってしまうので、できれば本番より2週間ぐらい前に「試し受験」ができるスケジュールがオススメです。

試し受験とはいえ、入試を受ければ必ず結果が出ます。
試し受験だからどこでもいい、というわけでもありません。
できるだけ、合格圏内を受けることです。
試し受験でも、合格することは本当に嬉しい事です。
本番の前に合格を経験すると、その嬉しさから「よし!がんばるぞ!」という気持ちになり、どんどん気持ちが良い方に向かいます!”

2014年4月25日