中学受験対策に家庭教師を

“中学受験に向けて、どのような準備をするかによって、中学受験の合否が決まると言っても過言ではありません。それだけに、今自分ができることをしっかりと子供にさせておくことが、受験対策として必要なことでしょう。では、中学受験対策において、親ができる準備とはどのようなものなのでしょうか。
その一つに、家庭教師が挙げられます。家庭教師を雇うことで中学受験対策をするのです。小学生に家庭教師はやり過ぎでは、と思うかもしれませんが、中学受験は小学生にとって想像以上に難易度が高いものです。そのような状況の中、独学では少し厳しい物があるでしょう。
また、中学受験個別指導塾と平行して家庭教師を雇うことができれば、より効果的な勉強を進めることができるはずです。特に中学受験というのは、あまり受験をした方はいません。それだけに、しっかりと中学受験そのものに対する対策のできる中学受験個別指導塾を選ぶことによって、より効果が現れるのです。また、その塾とともに家庭教師からマンツーマンの指導を受けることができれば、わからないこともドンドンなくなるのではないでしょうか
受験対策として、家庭教師を雇うことはなかなかに効果的な方法です。また、その際には塾も考えておきましょう。”

2014年5月8日

中学受験の人数は増え続けているそうです

“中学受験の人数は増え続けているそうです。
中学受験個別指導塾の利用者も増加しているのだとか。公立離れや少子化などから私学志向が高まってきており、中学受験の人数は増加傾向になっています。
公立離れのひとつの契機になったのが、国の「ゆとり教育」として平成14年に実施された学習指導要領の改訂です。
3割学習内容を減らして、学校週5日制を完全に行ったことなどから、学力が下がってくるのではないかとの懸念が広がってきました。
このことが逆に、私学にとっては追い風になりました。
授業やカリキュラムを工夫などして、学力のアップに努力した私立中学校は非常に人気になりました。
ここで、首都圏の中学受験の状況を見ていきましょう。
少子化が進んでいる状況で、首都圏においては逆に小学校6年の児童の割合が多くなっています。
児童数が全国的には少なくなっているのに、首都圏の小学校6年の児童の数はそれほど大きく減ってきてはいません。
そして、中学受験の人数が多くなっている分、その割合も多くなっているのです。
これからもこのような傾向は続いていくのではないかと思われ、中学受験の人にとってはこれからも厳しいということは間違いないでしょう。
このためにも、中学受験の準備は早くから行っておくことが必要でしょう。

2014年4月29日

中学受験の場合、希望校を選ぶことは簡単なことではありません

“中学受験の場合、希望校を選ぶことは簡単なことではありません。
まずは中学受験個別指導塾で勉強しながらと言う方も多いようですが、どこの家庭の場合でも悩みは大きいと思います。
希望校を選ぶことも中学受験の準備のための仕事と考えて、じっくりと早いうちから検討しましょう。
近年、生徒を獲得するために、私学は情報発信を積極的に行っています。
受験する人もそのようなものをよく利用し、希望校を選ぶ場合に役立てましょう。
学校の説明会では、直接学校が校風や教育方針、授業の内容、特徴、入試のねらいなどについて説明を行います。
学校に実際に行って設備や雰囲気、直接先生や生徒のようすを感じたり、確認したりすることができる大切なものになります。
校内を見学したり、受験する人を対象にしたクラブ活動に参加したりするなど、いろいろな説明会を学校によって行っています。
また、体験入学、オープンキャンパス、個別の相談会など、学校を体験したり、見学したりする場も多く設定されています。
例えば、オープンキャンパスにおいて、クラブ体験ができたり、保護者は学校説明会を聞いたりするようなところもあります。
また、英会話や琴を体験教室として開催しているところもあります。
オープンスクールで、毎日の学校体験、クラブの体験、国語・社会・理科・算数の授業の体験ができるところもあります。

2014年4月22日

中学受験の功罪

“中学受験、この意義については、住んでいる場所によって、かなり変わってくるのではないでしょうか。
私の住んでいる地方都市では、公立有利が昔と変わらずあり、私立は公立にいけない子供が行くところというイメージがあります。
中学受験個別指導塾という選択肢に対して、理解していなかったという面もあるように思います。私自身、子どもには思いっきり遊ばせたいという思いから、中学受験には否定的な思いをもっていたことは否めません。
しかし、いざ実際に自分の息子を地元の公立の中学に入学させると、その思いに疑問が芽生えてきました。
やはり、私の地域でも特に女の子は私立中学に進学された方もいらっしゃったのですが、
公立中学の現状を目の当たりにすると、そういった選択肢ももっと考えればよかったと思います。
というのも、息子は勉強とスポーツを両立させるタイプで、多趣味ですが、
公立中学だと、授業はやはりレベルが低く、放課後は遅くまで部活動に拘束されてしまい、
自分の趣味との両立がかなり難しいです
また、我が家は長期の旅行にたまに出かけるのですが、
そういった人が少ないので、試合時期でなくとも、そのたびにいちいち部活動に気を使わなければなりません。
私立ならば、いろいろなことにチャレンジしている子どもが多いので、そういったことはないそうですし、
何より、公立は教師も生徒も勉強に対する意識の低さを感じます。
息子自身も公立中学は物足りなく、趣味の世界で出会う私立の友達をうらやましく思うこともあるそうです。
ですから、どのような中学生活を送りたいのかを考えて、受験するかどうかを決定されるのが一番だと思います。

2014年4月15日